敏感肌に無添加の安全性は通用するのか

添加物が含まれていなければ安全性は確保されている、そのように言う人は大勢います。しかし本当に無添加が安全なのでしょうか。天然素材を使用していることを考えれば、100%安全とは言い切れないはずです。

 

特に敏感肌の方にとって、添加物は肌の大敵になりうるので、しっかりチェックしておきましょう。

 

 

→安全性の高いスキンケアをしたい!そんな方におすすめ


無添加はなぜ安全なのか

そもそも無添加が安全と言われているのは、化学合成物質が使われていないからです。パラベンや保存料、香料などに代表される化学成分は敏感肌の方にとって刺激となる物質です。

 

ですから添加物が入っていないものは安全性が高いと言われています。例えばパラベンフリーと書かれた化粧品や香料、保存料、石油系成分、着色料などといったものが化粧品やケア用品には見られます。

 

これらは必要だから入っていることもあれば、メーカーの都合で入っていることもあります。最近はほとんど含まれていないようですし、日本のメーカーであれば安全基準にのっとって配合されています。

 

ですから無添加は普通肌の方などは特に危険性はなく、安全性も高いと言われているのですが、敏感肌の方は刺激に弱いので、やはり心配でしょう。そうすると無意識のうちに添加物の入っていないものを選ぼうとするのです。

アレルゲンに注意

では無添加は100%誰にでも安全なのでしょうか。結論から言えば、100%安全とは言いがたいようです。というのも添加物が入っていないケア用品は自然界に存在する植物などを原料としています。

 

これが何を意味するかと言うと、アレルゲンが含まれている可能性があると言うことです。敏感肌の方は通常よりも肌が弱くなっています。外部刺激に非常に敏感で、放っておけばアトピー性皮膚炎にかかる可能性が高いです。

 

 

→アトピーの方でも安全だと言われているスキンケアジェル

 

 

そこに普段は何でもないようなアレルゲンが入り込むと、アレルギー反応を起こして炎症することが考えられるのです。もちろん全員が発症するわけではありませんし、安全性の高い植物も多いです。

 

例えばカモミラETやビワ葉エキスなどは多くのケア用品で使われています。独自に調査した結果効果があると分かった自然素材を使用している場合もあります。

 

ですが中には大豆由来成分を使用しているものもありますし、どこにアレルゲンが潜んでいるか分かりません。敏感肌の方が安全性を考えるのであれば、無添加と言うことはもちろん大切ですが、その前に配合成分を良くチェックしておきましょう。


パッチテストで安全を確認

ではパッチテストはどうすればいいのでしょうか。用意するものは試したいケア用品とガーゼとテープのみです。ガーゼにケア用品を少量落とし、ひじの内側に貼り付けます。

 

10分後にガーゼをはがして肌の様子を見ましょう。肌の色が変わっていなければ問題なく使うことができます。赤くなっていたり痒くなったりするようなら、そのケア用品は合いませんので使用を中止してください。

 

特に敏感肌の方は肌が荒れやすいので、できるだけ皮膚科が開いているときにパッチテストをしましょう。無添加と書かれていてもパッチテストで使用できない反応が出ることは十分考えられます。

 

安全性を求めるのであれば、パッチテストは必ずするようにしましょう。敏感肌にとって無添加と言うのは大切な条件ですが、安全性を求めることも大切な条件です。

 

何かあってからでは遅いので、よく確かめた上で安全に使用してみてください。