お肌の弱い人は摩擦が苦手!おすすめスキンケア用品は!?

敏感肌の人は摩擦に弱いです。それは分かっていると言う方もいるでしょう。しかしいくら無添加のケア用品でも、手のひらと顔の皮膚の間にどうしても熱は生じてしまうもの。一体どうすればいいのでしょうか。

 

 

→敏感肌の方のスキンケアについて


摩擦とは

そもそも摩擦とは何でしょうか。辞書によると物体がほかの物体の表面に接し、動き出そうとするあるいは運動しているとき、接触面に運動を妨害する力が働くこと、抵抗とあります。

 

物動詞をこすり合わせることと表現している辞書もあるようです。接触面には少なからず熱が発生します。するとただでさえバリア機能が低下し、熱や刺激に弱くなっている敏感肌に更なる負担がかかることになります。

 

これはケア用品が無添加であろうとなかろうと一切関係のないことです。ですからスキンケアをするときには注意が必要とされているのです。

テクスチャーを見てみよう

では敏感肌の方が摩擦を気にせずにスキンケアをするためにはどうすればいいのでしょうか。無添加であれば何でもいいのかと言うとそう言うわけでもありません。

 

アレルゲンがないことも十分確かめてください。その上でケア用品を選ぶためには、肌同士の接触が少ないものを選びましょう。肌質に関係なくスキンケアは、接触による熱の発生を減らすために、たっぷりの化粧水や美容液、クリームなどを使います。

 

それでも多少なりとも熱は発生するのです。ですからテクスチャーにとろみがあるもの、十分な量を使うことができるものを選ぶのがベストです。

 

 

→最低限の摩擦でお肌をいたわる、おすすめのジェルとは?


オールインワンを選んでみよう

それからオールインワンタイプを選ぶのもお勧めです。オールインワンタイプは1つのケア用品にいくつものスキンケア要素が含まれています。多くの場合は化粧水と乳液、クリームの3つですが、美容液をプラスしたものも多く見られます。

 

大体はジェル状かクリーム状ですから、摩擦による肌への負担も減らすことができるでしょう。敏感肌の方は皮膚の炎症を起こしやすいので、無添加プラスオールインワンで考えてみるのもお勧めです。

 

中には保湿と美白ケア、パックにマッサージ、さらに化粧下地やアイクリームと言った10のケアができるものもあるようです。もちろんパッチテストをして、肌に異常がないことを確認したうえで使用することが大切ですが、試してみるといいでしょう。

敏感肌のケア用品は2つのポイントで選ぶ

要するに敏感肌の方がケア用品を選ぶポイントは2つです。1つは無添加であること、オーガニックや自然由来成分がいいでしょう。ただしアレルゲンが含まれている可能性がないわけではないのでパッチテストはしてください。

 

2つ目は摩擦を減らすことができるタイプです。熱が発生すると肌はメラニン色素を作り出し、肌の色を黒くして守ろうとします。熱が生じることで肌には多少なりともダメージが蓄積されますから、肌がどんどん敏感になっていくことは間違いありません。

 

ただでさえ弱い肌がどんどん弱くなるのですから、アトピー性皮膚炎などにかかり、皮膚科に通うことになっても文句は言えません。ですからオールインワンタイプなど、極力肌同士の接触が少ないタイプを選びましょう。

 

化学合成物質や化学成分が使用されていないこと、肌同士の接触が少ないこと、これは敏感肌にとって大切な要素です。摩擦を避けることができる無添加のケア用品の中でも、あなたが使いやすく安全なものを選んでみませんか。

 

 

→お肌を優しく守るオールインワンジェルはこちらから