パラベンフリーは肌が弱い人におすすめ?本当に安全なの?

「肌が弱いから化粧品を選ぶのが大変」「敏感肌には無添加がいいって言うけど本当?」「そもそもパラベンって何?」

 

そんな悩みを抱えているはいませんか?肌が弱いからこそ慎重に選びたいケア用品と添加物について見てみましょう。


パラベンって何?

敏感肌の方が特に注意したいと言われているのが添加物のパラベンです。無添加化粧品にはほぼ100%含まれていないのですが、保存性を高める代わりに毒性にも注意しなければならない成分です。

 

どのような特徴があるのかと言うと、まず見た目は無色あるいは白色です。臭いはほとんどなく、石油の一つとされています。正式名称はパラオキシン安息香酸エステル類で、抗菌作用を持ち、加工食品にも使われています。

化粧品に欠かせない成分だけど

メイク用品は雑菌が入り込みやすいため、防腐剤の使用が必須と言われています。特にパラベンの静菌作用は高く、様々な種類の微生物に有効に働きます。

 

また毒性があると言っても、ほかの防腐剤よりも刺激は低いのです。そのため無添加と謡っている化粧品でも防腐剤を使用しているものは多少あります。

 

しかし敏感肌の方やアレルギー疾患がある方は、過剰使用や長期間の使用による毒性が懸念されています。微量であればいいのですが、長期的に使用すれば慢性毒性が、過剰摂取ではアレルギー疾患があると言われています。


本当にパラベンはNGなのか

敏感肌の方にパラベンはNG!これは絶対なのでしょうか。確かに紫外線が当たると脂質過酸化物の増加や、皮膚細胞に影響が出ると言われています。

 

ですから無添加がいいと言われていますが、そもそも防腐剤と言うのは化粧品の劣化を防ぐためにあるものです。防腐剤の含まれていない化粧品は雑菌の影響を受けやすく、すぐに品質が劣化してしまいます。

 

するとかえって肌が荒れやすくなりますし、バリア機能の低下などを引き起こしやすくなってしまうのです。ですから必ずしも添加物が入っているものがダメ、とは言い切れないのです。

安全性を考えたケア用品選びを

敏感肌の方は肌が刺激に弱いという特徴を持っています。ですからパラベンなどの添加物のない無添加化粧品がいいと言われています。ただ防腐剤がなければ化粧品はすぐに腐ってしまいます。

 

それだけ雑菌が繁殖する要素を持っているのです。ではどうすれば安全な化粧品を選ぶことができるのでしょうか。1つは日本メーカーのものです。

 

日本で作られているものは厚生労働省の安全基準にのっとって、皮膚への影響がほとんどでないように作られています。アレルギーテストを行っているものならより安全性が高いと言えるでしょう。

 

それから開封後はすぐに使うことです。大容量タイプの化粧品では雑菌が繁殖しやすく危険です。パラベンフリーと書かれているものでも、感肌にとって刺激となりますので、最低でも1ヵ月で使い切ることができる化粧品を選ぶようにしましょう。

 

無添加化粧品は敏感肌の方のためにいいと言われていますが、本当に大切なことは肌を鎮静化し、優しく作用する天然由来成分などが含まれているかです。
化学合成物質でスキンケアをすればいつか肌トラブルが起こりかねません。

 

パラベンにこだわりすぎて大切なものを見失う前に、無添加でも正しい化粧品の選び方を今一度チェックしてみてはいかがでしょうか。特に肌が弱くて困っていると言う方はアトピー性皮膚炎などの重大な状態になる前に対処しましょう。

 

 

→お肌が弱くても安心!美白もできるジェルはこちら