紫外線対策は日焼け止めだけじゃない!体の中から美白ケア

紫外線対策は、日焼け止めや美白コスメを使うだけでは不十分です。肌のターンオーバーを正常化すれば、シミ予防だけではなく、できてしまったシミの改善にも効果的と知っていましたか?

 

 

→シミの改善には美白ジェルでターンオーバー促進


紫外線対策が肌に与える影響とは?

紫外線はシミやくすみだけでなく、シワやニキビなど、あらゆる肌トラブルの原因になります。紫外線を浴びることでメラニン色素が発生し、シミやくすみとして肌に定着するということは多くの人が知っていますね。

 

しかし、紫外線にはUVAとUVBという2種類のUVがあります。この2種類のUVのうち、UVAは波長が長く、表皮だけでなくその奥の真皮層にもダメージを与えます。

 

すると、水分や弾力を保つために必要なコラーゲン、エラスチンなどの組織が破壊されてしまうんです。その結果、うるおいやハリが失われ、シワやたるみなどを引き起こしてしまうんです。

 

さらにUVは、ターンオーバーにも影響を及ぼします。UVによりダメージを受けた肌は新陳代謝が鈍くなり、古い角質や皮脂、老廃物などが排出されずにいつまでも残ってしまいます。

 

そのため、次第にキメが乱れ、吹き出物ができやすくなったり、乾燥するようになったりしてしまうんです。

日焼け止めがなくても紫外線対策ができる?

紫外線対策はスキンケアの基本であり、力を入れるべきポイントでもあります。でも、日焼け止めを使うと、かえって肌が荒れてしまうという方もいますよね。手袋や帽子、日傘を使ってもUVを完全に防ぐことはできません。

 

何より、あまりに日光を浴びなくてもビタミンD不足になってしまうし、体にもよくありません。日焼け止めを使わずに紫外線対策をすることは可能なのでしょうか?

 

実は、ターンオーバーを正常化することでUVによるダメージを回復できるんです。ターンオーバーが正常なら、古い角質がはがれ落ちる時に、メラニン色素も一緒に排出されます。

 

つまり、メラニン色素が蓄積することもないので、シミや黒ずみができにくくなるんです。さらに、新しい細胞がどんどん生まれる代わりにダメージを受けた細胞は次々と排出されます。

 

日焼け止めが苦手な方は、スキンケアを徹底してターンオーバーを促せば、十分にUV対策ができるんですよ。


ターンオーバーに着目した紫外線対策とは?

実は、ターンオーバーは遅くても早くても良くないんです。まずは自分の肌の状態をしっかりと見極めましょう。ゴワつきやくすみが気になる方は、余計な角質をスキンケアである程度取り除いてしまいましょう。

 

ごく弱い酸性のピーリングせっけんや、酵素を配合した洗顔料を使うと、ダメージを与えることなく、やさしく角質をケアできます。ただしピーリングをやりすぎたり、スクラブを使って無理やり角質を取り除くと、かえってダメージを与えてしまうので気を付けましょう。

 

一方、乾燥肌や敏感肌、吹き出物に悩んでいる方は、ターンオーバーが早すぎる可能性があります。そのような場合はサイクルが正常化するまで、できるだけ低刺激の洗顔料や基礎化粧品を使ってください。

 

また、角質ケアやマッサージなどのお手入れも控えて、できるだけシンプルなスキンケアに切り替えてみましょう。そして、ターンオーバーが早くても遅くても、保湿は不可欠です。

 

保湿が十分であればターンオーバーが正常化され、肌が本来持つバリア機能も強化されます。紫外線に負けない強く健康な肌になるためにもまずは基本的なスキンケアを見直してみましょう。

 

 

→高保湿&マッサージにも最適なスキンケア商品はこちら!