綺麗なお肌を作るために♪これだけは知っておきたい紫外線対策!

紫外線の対策はお肌の老化を予防するためには最も欠かせない事と言っても良いことです。

 

実はお肌の老化はほとんどが紫外線が原因といっても過言ではないくらいだと言われています。

 

ちょっとくらい対策しなくても大丈夫!とケアを怠っているとシミの原因になるので毎日の予防の積み重ねが大切ですね。

 

ですが適切に予防をするためには正しい知識を持っておかなければなりません。紫外線対策を効果的にするには一体どうすれば良いのでしょうか?


紫外線がシミやしわの原因になる理由は?

まず日焼けによるダメージは毎日の積み重ねで大きなものになっていくのは事実なのです。日焼けをするとお肌のDNAが傷つけられ、少しずつお肌は老化していきます。

 

そしてそのダメージがどんどんと積み重なって、シミやしわという年齢肌の原因になります。対策しきれなかった紫外線は私たちのDNAを毎日傷つけていることになるのです。

 

ですからシミやしわの予防をしたいという場合は紫外線予防をするというのが一番の方法です。でも毎日の対策は正直なところ、ちょっと面倒だし大変・・・と思ってしまう方も少なくないのではないでしょうか。

 

そこで日常的な日焼けにもちょっと工夫するだけで簡単に使うことができる予防方法についても知っておきましょう。

知っておきたい!紫外線の基礎知識

日焼けの対策をする前にその原因について詳しく知っておきたいものですよね。紫外線には2種類あります。

 

UVA

 

お肌の真皮層にまで到達するタイプです。晴れた日以外でも地上に届いています。窓ガラスも通過します。しわやたるみの原因になります。

 

UVB

 

お肌の表面まで届くため直接的な日焼けの原因です。春から夏にかけて地上に多く届きます。シミやそばかすの原因になります。

 

 

日焼けは日光が強く降り注ぐ時期にしかしないので秋から冬にかけては予防もあまりしていないという方もいますよね。ですがUVAと呼ばれるタイプの紫外線は冬でも秋でも雨の日でも地上に届くので油断できません。

 

更にお肌のダメージを残すタイプはUVAなので日焼けをしていなくてもお肌にダメージだけ残しているという可能性もあります。もちろんUVBはシミの原因になるものなのでこちらも予防が大切です。

 

確かに晴れた夏の日と比較すると量は少ないですが、年齢肌対策をしようと思ったら季節を問わず日中は気をつけなければならないのです。


日焼け止めはどうやって紫外線を予防する?

まずは日焼け対策というと多くの方が「日焼け止め」を使う方法を思いつくのではないかと思います。日焼け止めはどの様にして日焼けを予防しているかご存知でしょうか?

 

  • 紫外線吸収剤
  • 紫外線散乱剤

 

このふたつの成分を入れることによって日焼けをしないように工夫されたクリームのことです。

 

吸収剤はその名の通りUVを吸収することによってお肌まで到達させないという効果がある成分です。散乱剤は細かい金属を入れることによって紫外線自体を反射してしまう成分です。

 

どちらも日焼け対策には欠かせない成分なのですが、吸収剤はお肌に良くない成分でもありますので、最近では吸収剤は入っていない製品も多くなっています。

 

また、最近では赤ちゃんでも使うことができる日焼け止めというものが販売されています。この様な商品に入っているのはお肌への刺激が弱い吸収剤ですので敏感肌の方でも安心して使えます。

 

敏感肌の方が日焼け止めを使うときには、紫外線吸収剤が入っていないノンケミカルのものか、敏感肌用のものを使うと安全です。

紫外線対策の落とし穴!こんな時に要注意!

紫外線を対策するときに気をつけたいことは、室内での対策です。

 

屋外に出れば長袖の服を着たり日傘やサングラスといった日焼け予防をする方が多いと思います。ですが室内ではそこまで念入りにしていないという場合も多いものです。

 

前に挙げたとおり、UVAは窓ガラスを通過します。ですから日差しの強い日であれば、窓を閉めていたとしても室内にも紫外線は到達しています。

 

 

更に屋外で対策を万端にしていたとしても、照り返しによって日焼けをしてしまうということがあり得ます。

 

照り返しというとアスファルトからの照り返しというのを想像される方が多いと思います。ですがアスファルトよりも紫外線反射率が高いのが何と新雪なのです。

 

「雪焼け」という言葉がありますが、これは雪の反射率の高さをとても良く表しているのではないでしょうか。冬は対策が緩くなってしまいがちですが、日焼けをしてしまう可能性が十分ある季節なのです。


紫外線から受けたお肌のダメージ・・・回復する方法は?

この様に紫外線はありとあらゆる場所、季節に存在しているものです。ですから対策をきちんとしていたとしても、知らず知らずの内に日焼けをしてしまいます。

 

UVはお肌にダメージを蓄積させますが、蓄積されたダメージはもう修復できないのでしょうか?実はこのダメージを修復させるために働く成分があると言われています。

 

お肌のダメージを修復させるのは「ビタミン誘導体」という成分だと言われています。ビタミン誘導体の働きは次のふたつです。

 

  • 傷つけられたDNAのダメージを修復
  • シミの原因になるメラニンを減少

 

 

このような働きがあるビタミン誘導体はお肌をシミやしわから守るための大切な砦となってくれるのです。ビタミン誘導体が含まれているスキンケア商品でスキンケアを続けることによって紫外線によるダメージは回復することができます。

日焼け直後のケアが大事!身近にあるものでケアができる!?

日焼けをしてしまった後にはビタミン誘導体が入っているスキンケア商品を使うこともとても効果的です。ですが日焼け直後の対策をするだけでも後々のシミを予防することができます。

 

かなり高い効果を発揮するといわれているのが、ヨーグルトパックです。ヨーグルトに含まれる成分と効果は次のようになっています。

 

ビタミンB2

 

皮膚を強くして回復する力を高めてくれて、更にメラニンの生成を抑制する働きがあります。

 

ビタミンA

 

抗酸化作用、コラーゲンを生成する力があり、たっぷり摂ることで日焼けしにくくなるといわれます。

 

 

紫外線を受けてしまった直後の対策としては、これらの成分がたっぷり含まれているヨーグルトパックがピッタリです。顔に塗って10分ほど置き、洗い流すだけ、という簡単さも魅力ですね。


紫外線対策は毎日の積み重ねが大切です!

紫外線は日差しが強い時期に対策すれば良い、という風に以前は言われていましたが、現在は天候に関係なく大切なものとなってきています。オゾン層の破壊などで以前よりも紫外線の悪影響が大きくなってきているという話もあります。

 

室内でも日焼け止めを塗ったり服に気を遣えば予防をすることはできます。シミやしわの予防のためにも、毎日の対策は欠かせないものですね!

関連ページ