乾燥が引き起こす最大の肌トラブルとは!

肌の潤いが失われるとどんどん肌は乾いていきます。すると肌年齢が一気に加速するのですが、それによって引き起こされるトラブルとはどのような状況なのでしょうか。

しわと乾燥の関係

顔のしわは乾燥と大きく関係しています。しわには関係ない、と言う人もいますが、100%ないとは言い切れないでしょう。

 

しわは深く刻まれるほど年齢を感じるものですが、肌の水分量が減ると防御反応から肌の角質細胞が増えます。すると皮膚に厚みが増し、きめがどんどん粗くなってしまいます。

 

結果、細胞同士の間に隙間ができ、しわとなってしまうのです。

 

 

しわを改善するにはヒアルロン酸やセラミドのように、肌を形成する保湿成分を与えるのがおすすめです。普段のスキンケアに取り入れれば肌は潤いに満ちていきますし、ターンオーバーが正常化します。

 

すると古い角質や厚みを持った角質もどんどん剥がれ落ち、しわを防いでいくのです。


たるみと乾燥の関係

肌の乾燥はたるみの原因になります。先ほども言いましたが、肌が乾燥するとターンオーバーが乱れ、新陳代謝が悪化します。すると古い角質が残ったままになり、バリア機能も低下してしまいます。

 

結果的に紫外線など外部刺激の影響を受けたるみにつながるのです。

 

また厚くなった角質は重く、皮膚が重力によって垂れさがっていきます。これもたるみの原因となってしまうのです。

 

乾燥たるみの改善法

たるみを解消するには乾燥を解消しましょう。そのためにはクレンジングがポイントで、洗浄力の強いクレンジングを避け、刺激を与えるような洗い方をしないことです。

 

ゴシゴシこすることや冷たいあるいは熱いお湯は刺激になり、肌はどんどん乾燥します。すると肌のたるみにつながってしまいますから、適温で洗うように心がけましょう。

 

化粧水は保湿成分のコラーゲン、エラスチンさらにヒアルロン酸を含むものがおすすめです。乳液も肌の保湿成分の2%を占める脂分を補給するのに大切です。

 

保湿が足りないなと思ったら美容液も活用してください。クリームで蓋をして、水分を逃さないようにし、たるみを予防改善しましょう。


関連ページ