年齢肌を若返らせるのは?カギは新陳代謝!

シミや小ジワ、たるみなどのエイジングサインが気になるという方は多いですよね。年齢肌を改善するために、普段どのようなスキンケアをしていますか?

 

エイジングケアに特化した化粧品を使うだけでなく、ターンオーバーも気にしているという方は少ないのではないでしょうか。実は、ターンオーバーを正常化すればエイジングサインも改善するんです。


年齢と共にターンオーバーは遅くなる

ターンオーバーの周期は、年齢や肌の状態により個人差があります。20代では約28日周期で行われますが、30〜40代には約45日周期と、年齢を重ねるにつれ遅くなる傾向があるんです。

 

年齢と共にシミができやすくなったり傷の治りが遅くなったりするのは、そのためなんですね。さらに、ターンオーバーが遅くなると古い角質や老廃物などが排出されずに蓄積されてしまいます。

 

するとキメが乱れ、若々しいツヤが失われたり、化粧ノリが悪くなってしまうんです。また、紫外線や物理的な刺激が原因で発生したメラニン色素も排出されず、シミやくすみの原因になります。

 

しかも、新陳代謝が鈍くなると、コラーゲンやエラスチンなどの皮下組織も生成されにくくなります。その結果、ハリや弾力が失われ、水分をキープする力も弱くなってしまいます。

 

年齢と共に乾燥や小ジワ、たるみが目立ってくるのも、ターンオーバーが大きく関わっているんですね。

 

 

→ターンオーバーを改善するには?

ターンオーバーを促すためには

年齢とともに遅くなったターンオーバーは元に戻せないのでしょうか?実は、スキンケアの方法や生活習慣によってある程度ターンオーバーを正常化することは可能なんです。

 

新陳代謝が遅くなるのは、加齢のほかにも睡眠不足やストレスなど、さまざまな要因が関係しています。まずは生活習慣を見直し、加齢以外に新陳代謝を鈍らせる要因を取り除いてしまいましょう。

 

特に睡眠中は新陳代謝が活発に行われるので、毎日十分な睡眠時間を確保するよう心がけてくださいね。また、睡眠の質や寝る時間帯も重要なポイントです。

 

特に22時から2時の間は成長ホルモンの分泌がもっとも盛んになる時間帯です。成長ホルモンは新陳代謝を活性化させるために欠かせないものなので、この時間帯はなるべく睡眠をとるようにしましょう。

 

さらに、新陳代謝を活性化させたり、細胞を作るもとになる栄養分を積極的に摂るのも大事です。タンパク質と脂質、炭水化物をバランスよく摂取し、新陳代謝を高めるビタミン類や、鉄や亜鉛などのミネラル類もあわせてとるようにしてください。

 

食事でとるのが難しければ、サプリで補うのもおすすめですよ。


やりすぎには気をつけて!

ターンオーバーを早くすればするほど年齢肌が改善されるのかというと、そうではありません。実は、早すぎてもトラブルの原因になってしまうんです。

 

アカとしてはがれ落ちる前の角質は、水分を保ったり、菌の侵入を防いだりという役目も持っています。ところが、過剰や洗顔やピーリングで無理やり角質を剥がしてしまうと、肌を守るバリアがなくなってしまうんです。

 

お手入れのしすぎが原因で敏感肌や乾燥肌になってしまうのは、角質がなくなってしまうからなんですね。もちろん、乾燥や紫外線などのダメージにも弱くなるので、シワやシミなどのエイジングサインが余計に目立ってしまいます。

 

お手入れをしているのになかなかトラブルが改善されない時や、肌に赤みやピリピリとした痛みがあったりする時は、スキンケアの方法を見直してみましょう。

 

できるだけ刺激の少ない洗顔料や化粧品に切り替え、新しく健康な角質ができるまで過剰なお手入れは控えてください。また、正常なターンオーバーを維持するためにも保湿は丁寧に行いましょう。

 

 

→高い保湿力でターンオーバーを促進!おすすめジェルはこちら