肌の乾燥がシミの原因に!?おススメの対策方法をご紹介♪

加齢とともに気になるシミは紫外線ケアによって予防できると思われがちですが、実はお肌の乾燥も原因の一つであることをご存じですか?ここでは肌の乾燥が招くシミのメカニズムや効果的な予防法などをご紹介します。


シミの原因は乾燥!?

一般的にシミといえば紫外線をイメージしますが、実は肌の乾燥も原因の一つということはあまり知られていません。そもそも原因となるメラニン色素は紫外線ダメージによって生成されます。

 

肌がしっかり潤った健康な状態であれば生成されたメラニンは肌のターンオーバーによって古い角質と一緒に剥がれ落ちていきます。

 

しかし肌が乾いた状態だと肌表面に古い角質が溜まり肌のターンオーバー時に剥がれにくくなり、その結果メラニンが肌に留まってシミとなります。

 

また肌表面に古い角質が蓄積すると角質層が乱れ、角質と角質の間に隙間ができることによって肌の水分が蒸発する悪循環に陥ります。

 

肌の水分が蒸発すると肌のハリや弾力を保つためのコラーゲンも不足し、肌細胞の生成も滞って肌のターンオーバーもさらに鈍くなります。つまり肌の乾燥を放置するほどできやすいため、しっかり保湿することが予防へと繋がります。

 

 

→保湿に最適なスキンケアはこちら

乾燥肌はシミのリスクが高い!?

お肌は季節や体調によって調子が変わるため、時々肌表面が乾いてしまう場合があります。しかし乾燥肌体質の方は一年中肌表面が乾いており、その分だけシミのリスクが高いということになります。

 

特に一年中肌表面が乾いていることによって肌表面のバリア機能が低下し、ちょっとした刺激でも炎症を引き起こしやすくなります。肌に炎症が発生すると保湿ケアや透明美肌へと導く美白ケアでは不十分であり、炎症を抑えるためのケアが必要となります。

 

つまりまず炎症を鎮めてからでないと保湿ケアや美白ケアの効果を十分に実感できないということです。実際に乾燥肌体質の方の多くが美白ケアをしても改善効果や予防効果を実感できていません。

 

炎症を鎮めない限り美白ケア効果を実感できないので加齢とともにシミの数が増えていくという悪循環に陥っている方も少なくありません。

乾燥肌ケアでシミを予防!

乾いた肌はシミができやすいですがしっかり保湿ケアを行えば予防できます。しかし乾燥肌体質の方の場合は保湿ケアや美白ケアではなく、肌の炎症を鎮める専用のケアが必要となります。

 

  • 肌の炎症を鎮めること
  • 肌をしっかり保湿すること
  • 美白ケア効果を実感できる肌状態に整えること

 

この3つを1度に行えるのがオールインワンジェルを使ったスキンケアです。特に、保湿力や美白力に優れたプラセンタエキスや、抗炎症作用に優れた甘草エキスが配合された商品がおススメです。

 

オールインワンタイプがおすすめな理由は季節に関係なく1年中使用できるため安定してケアを続けられるということです。化粧水や乳液、クリーム、美容液などを使うと季節や体調によって使用する種類や量が変わります。

 

しかしオールインワンタイプなら1年中使用できるので有効成分を毎日しっかり肌の深層まで届けることができ、より早く効果を実感することができます。

 

 

いかがでしかた?一般的に乾燥肌体質の方はシミ予防効果をなかなか改善できない傾向にあります。しかし肌の炎症を鎮め、保湿ケアと美白ケアを同時に行えばより早く効果を実感することができます。

 

肌の乾燥が酷い・・・でもシミも予防したい・・・こういったお悩みをお持ちの方は抗炎症&保湿&美白、この3つの観点から行うケアをぜひ実践してみて下さい。

 

 

→抗炎症&保湿&美白を実践できるスキンケアとは?