紫外線対策だけではダメ!?シミ予防に大切なのは「保湿」だった!

女性にとって大切なスキンケアのひとつであるのが、シミの予防ですよね。紫外線にあたらないように・・・と、毎日日焼け止めを欠かさないという方も多いと思います。

 

ですが、日焼け止めを塗るだけでは、実は対策としては不完全だといえます。シミを予防するためには、保湿をすること、これも対策としてとても有効なことなんです。

 

保湿をするのは美肌効果があるからなのでは?と思われる方もいらっしゃるでしょう。そこでこちらでは、お肌のくすみ対策と乾燥の関係性について見ていきたいと思います。


シミができる原因とは?紫外線だけが原因じゃない!?

最初にどうしてシミができるのかということですが、これは紫外線の影響だというのが一般的な話ですよね。

 

確かに紫外線も大きな要因のひとつなのですが、紫外線に当たっていても綺麗なお肌をしている方はいます。その反面、あまり紫外線にあたらなくても、顔にくすみやシワができてしまっているという方もいるものです。

 

この両者の違いは「お肌のバリア機能が働いているか」「お肌が正常に機能しているか」という違いなのです。

 

お肌のバリア機能やターンオーバーといった機能が正常に働いていれば、紫外線に当たってもメラニン色素はシミとなる前に体外に排出されます。

 

なので、予防のためには紫外線を避けることとプラスして、お肌の機能を正常に整えることが必要なんですね。

シミの大敵は「乾燥」!?保湿の重要性について

そしてお肌の機能を正常に整えるためには、「乾燥」が大敵です。乾燥したお肌はバリア機能が失われ、紫外線や外的なものなど、少しの刺激でもメラニン色素を作り出してしまいます。

 

その上、乾燥はターンオーバーも衰えさせますので、作り出されたメラニン色素はシミとして沈着しやすくなります。シミができる条件がそろってしまうんですね。

 

 

そこでお肌にとって大切なものが「保湿」だということにたどり着きます。たっぷりの水分と保湿成分で潤っているお肌であれば、紫外線に当たってもバリア機能によって刺激が軽減されます。

 

そしてターンオーバーも正常に機能するので、もしメラニン色素が作り出されてしまっても、無事に体外に排出することができるようになります。保湿効果はスキンケア用品の基本となるものですが、美肌のためだけのものではなく、シミ予防の働きもあるのです。

保湿+美白成分!本当にシミ予防・改善をするならコレ!

お肌の潤いを保つことがくすみ予防にも役に立つということをご紹介してきましたが、その効果をさらに助けるのが「美白成分」です。

 

化粧品によって様々な美白成分が含まれていますが、中には副作用があるものも多いので注意が必要です。敏感肌の方でも使える、副作用が少ない美白成分はこちらの2つが代表的でしょうか。

 

グリチルリチン酸ジカリウム

病院で処方される薬にも配合されています。お肌の炎症を防ぐ効果もあり、美白効果もある成分として知られています。

 

プラセンタエキス

プラセンタは動物の胎盤から抽出されるエキスです。元々体内にあるものですから副作用もなく、メラニンの生成を抑制する作用、ターンオーバーを促進させる作用があります。

 

 

これら2つの成分が入っていて保湿効果がしっかりしているスキンケア用品が、シミの改善や予防には理想的だと言えます。紫外線対策と保湿効果、そして美白成分で本格的なシミ予防を始めてみませんか?

 

 

→2つの美白成分配合!シミに効果的な美白ジェルはこちらから