敏感肌はメラニンが定着しやすいって本当?おススメのケアは?

年齢と共に現れる肌のシミは紫外線ケアや美白ケアで予防ケアをしている女性も少なくありません。しかし敏感肌の方の場合、ケア方法よりも体質そのものが原因になるということをご存じですか?

 

ここでは敏感肌とシミの関係や、効果的な予防法についてご紹介します。


敏感肌にシミができやすいのは何故?

毎日スキンケアをしても肌は衰えてしまうもの・・・。特に敏感肌の方の場合、スキンケアを徹底してもシミができやすいというと特徴があります。その原因は《バリア機能の低下》です!

 

肌のバリア機能とは肌内部の水分蒸発を防ぎ、肌表面を外部刺激から保護する役割のことで健康な肌にはもともと備わっています。

 

一方、敏感肌とはちょっとした刺激でも肌にダメージを受けて炎症を起こしやすい状態のことです。この状態で漂白作用の強い美白成分が配合された美白化粧品を使用すると肌には刺激が強すぎてしまい、美白効果を十分に実感することができません。

 

さらに漂白成分の刺激によって肌表面が荒れやすく、肌表面の炎症を悪化させてしまうという悪循環に陥りやすくなります。そうなると紫外線ダメージによってメラニンが生成され、シミができやすい状態となってしまいます。

 

 

→敏感肌の方でも使えるおすすめ美白ケアはこちらから

乾燥もシミの原因に!?

敏感肌の方は肌のバリア機能の低下によりちょっとした刺激でもダメージを受けて炎症や肌荒れが悪化しやすくなっています。この炎症や肌荒れが悪化しやすい状態は肌が乾燥しやすい状態でもあります。

 

肌のバリア機能には肌内部の水分蒸発を防ぐ機能があり、バリア機能が低下することによって肌が乾燥しやすい状態にもなります。肌が乾燥すると肌のターンオーバーが鈍くなり、本来ターンオーバー時に古い角質と一緒に剥がれるメラニンが蓄積されてしまいます。

 

つまり、

 

敏感肌⇒バリア機能低下⇒乾燥⇒メラニンが蓄積

 

といった流れによりシミができやすくなります。

 

つまりシミを予防するためには、

 

  • 肌の炎症を鎮めてバリア機能をアップすること
  • 肌の乾燥を改善しターンオーバーを促すこと

 

この2つのポイントが重要となります。

肌のバリア機能アップでシミを予防!

敏感肌の方がシミを予防するには肌のバリア機能アップと保湿ケアを同時に行う必要があります。そこでおススメしたい予防方法が抗炎症&保湿&美白の3つの効果を同時に発揮する化粧品の使用です。

 

  • 抗炎症効果 ⇒ 炎症を鎮めてバリア機能アップ
  • 保湿効果 ⇒ 乾燥改善でターンオーバーの促進
  • 美白効果 ⇒ シミの原因・メラニン生成の抑制

 

スキンケア商品には化粧水や乳液、クリーム、美容液など様々な種類があり、それぞれ果たす役割が異なることから発揮する効果も違います。そのため抗炎症・保湿・美白効果を得るには様々な化粧品を使用しなければなりません。

 

しかし敏感肌は少しの刺激で肌状態が悪化するため肌に触れる回数が少ないに越したことはありません。そこでおススメしたいのがオールインワンタイプのジェルを使った予防ケアです。

 

特に抗炎症作用や保湿作用、美白作用に優れた成分が配合されたオールインワンジェルであれば1度のスキンケアで予防ケアが完了します。

 

また季節を問わず1年中使用できるので有効成分を毎日しっかり肌深層まで届けることができ、より早く効果を実感することができます。

 

 

いかがでしたか?一般的に敏感肌はスキンケアが難しく、美白ケアやエイジングケア効果を実感しにくい傾向があります。しかし年齢を重ねるごとに気になるシミの予防も諦めたくはないですよね。

 

オールインワンタイプのジェルなら1度のスキンケアでしっかり予防できるので、ぜひ1度お試し下さいね。

 

 

→便利なオールインワンジェル、おすすめはこちら!